クレアチニン

クレアチニンを下げたい。対処法は?

クレアチニンを下げたい。対処法は?

 

クレアチニンとはそもそも何か?これを調べてみると、腎機能は尿素を排出させる臓器だが、その尿素から排出される中にクレアチニンと呼ばれるものが出ます。クレアチニンは老廃物。通常だと尿素として排出されるものですが、それが腎臓の調子が悪いと血液中に混じっていることが多くなります。そうすると腎臓が良くない症状の表れの指標でもあるので非常に大事な値というわけです。

 

これに関して、私の友人が臨床工学技師をしているため腎臓の悪い患者さんに透析治療をおこなっていたようですが、その際にも色々話しを聞いた事があります。(最近あまり連絡をしていないのでちょっとウル覚えな部分もあります)

 

患者さんと話しをしながら人工透析のペースや治療をおこなっていたそうで、腎臓は臓器の中でも再生能力が低いため一度腎臓が悪くなるとそれを良くすることは難しいという話しを聞きました。患者さんの中にもある程度症状が軽ければ、そんなに頻繁に通うわなくても大丈夫なようですが、やはりそれなり腎機能が悪くなってしまうと血液のろ過が充分になされず体内に老廃物が蓄積していってしまうようです。

 

それが続いて溜まっていくと、腎不全を引き起こし食欲低下や頭痛、吐き気、心不全、全身痙攣、呼吸困難など生活やあるいは生死に関わる状態にまで身体の健康状態を悪化させてしまう恐れもあるようです。

 

なので、クレアチニン値とは、腎機能の状態を査定する上でとても大事な値であるようです。

 

 

私もその友人に「臨床工学技師という仕事は患者さんの命を預かる仕事だからとてもプレッシャー感じる」ということは常々聞いていたので、今になって色々と腎臓に関して調べているとその意味がわかってきました。

 

 

そして、そのクレアチニンの血中濃度を下げる対処法として以下のようなことが方法としてあるようです。

 

クレアチニン値を下げる対処法とは?

 

基本的には腎臓が悪くなっている症状として、ざっくり代表的に言われていることが

 

・高血圧
・糖尿病
・肥満

 

上記はよくない状態だといわれています。

 

ですので、塩分の摂りすぎ、甘いものを食べ過ぎない、油物をあまり食べないようにするなど極々一般的な対処法が必要であり、同時に健康的な生活習慣を当たり前の感覚にまでして生活していけば良いわけです。なので、冷静に考えるとそこまで難しいことでもありません。

 

後はよく言われる、有酸素運動やタバコ、お酒は控えるなどこれらも極々一般的なことです。

 

なので、まとめると

 

ダラダラした生活習慣を見直し、甘い精神を断ち切っていけば腎臓が悪くなるのを避けることができ同時にクレアチニン値も下げることができる。

 

というわけになります。

 

 

ただそういったことが面倒だったり、中々そうはいっても難しい…、腎臓の低下をサプリメントを飲んで防ぎたい…、と思っている人にはクレアギニンEXをおススメします。これを飲んだからといって腎臓病が治るということはありませんが、数あるクレアチニン系のサプリメントの中でもクレアギニンEXはトップクラスに人気です
その理由としては、腎臓のことを考え29種類の健康成分をバランスよく組み合わせて配合したサプリメントだからです。

 

なので、非常にクレアチニン値を気にされる人のなかでは人気なサプリメントであります。
もし本当にクレアギニンEXが気になる方はこちらもご覧ください

 

>>クレアギニンEXの成分が高品質


ホーム RSS購読 サイトマップ