残尿感 男女 改善

40代以上の男女で残尿感がある人の改善策

40代男女残尿感改善

 

齢を重ねていくとどうしても残尿感が残る人は多いと思います
特に10代の頃と比べるとハッキリ分かりやすいと思いますが、30代を過ぎてからおしっこをしても少し残尿感が残り始めて40代を過ぎた辺りからは「残尿感が残る…」と感じている人は多くいらっしゃると思います。

 

 

私もその内の一人ですが、やはりいつもおしっこのキレが悪く早く用を足したいときもキッチリ出し切れないせいか下着に染みついて残ってしまう事が多いです。

 

 

もう慣れてしまいましたが、これがドンドン酷くなると夜も寝にくくなりスッキリしない日々が続いてしまうと思います。

 

 

そこで、残尿感が残ってしまう40代以上の男性、女性へおススメの改善策を書いてみました。
ただその前に残尿感はどのくらい残るのかというのも統計データがありますので、その辺も載せてみたいと思います。

 

 

40代から80代が感じる残尿感の統計データ

 

●残尿感(週に1回以上、排尿しても尿が残っていると感じる人の割合)

40代:18.9%
50代:22.8%
60代:28.3%
70代:31.9%
80代以上:41.4%

 

●夜間頻尿

40代:44.0%
50代:61.8%
60代:83.8%
70代:91.2%
80代以上:96.6%

 

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20140906_274293.html 

 

上記のように残尿感を感じる人はやはり年齢を増すごとに増えていってます。特に注目して頂きたいのが、夜間残尿で40代になると約半分の人が残尿感を感じながら日々過ごしているということです。

 

 

尿を出す流れは、腎臓で作られ、膀胱に送り込まれて尿道を通り排出されるのが一連の流れですが、その流れで”膀胱の衰え”が原因で残尿感、頻尿の影響があると言われています。

 

 

この膀胱の衰えは皮膚(顔が一番わかりやすい)ですが、40代になると肌がたるんでくると思います。
男性の場合はまだ皮脂が豊富で保湿力が高いのでわかりにくいですが、女性であるとそれがハッキリとわかりやすく顔に出やすくなると思います。

 

 

膀胱も肌の弾力が低下して衰えてしまうと同じようなイメージです。
これ以外の原因では脳の低下も影響しているようで、身体へ命令を送る信号の衰えもあるようです。

 

 

いずれにしても加齢になると色々な部分が衰えてくるためにこのような症状になっていくということですね。

 

 

ですので、脳や肌の筋力の衰えといったものですので残尿感を改善させるにはどうしても難しい部分があります。
そんな中この残尿感に対して、違う角度から改善を考えたサプリがあります。そのサプリが頻尿用サプリメントとして非常に人気なものがあります。

 

 

 

残尿感が残ってどうしても改善したい人はクレアギニンEXを試すべき

 

残尿感対策のサプリとしてクレアギニンEXがおススメです。
このサプリは”ノコギリヤシ”と呼ばれる成分を中心に残尿感ができるだけ残らないようにスムーズにおしっこさせるように研究されて作られたサプリと言えます。

 

 

クレアギニンEXの効果や副作用は本サイトに載せています。詳しくはご覧ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ