クレアギニンEX 腎不全

クレアギニンEXと腎不全の関連。ノコギリヤシが重要

クレアギニンEXと腎不全の関連。ノコギリヤシが重要

クレアギニンEXと腎不全について今回書いてみました。

 

 

クレアギニンEXの効果として、利尿効果が注目されておりその主成分であるノコギリヤシが深く関係していると言えます。

 

 

ノコギリヤシといえばヨーロッパの人々が最初に強壮剤や利尿剤に使用していたといわれており、そのほかにも育毛効果があると言われていたり、男性ホルモンを抑制する働きがあると言われていたり、多角的に使い用途が広いものとされています。

 

 

今回は腎不全との関連がテーマなので、それにフォーカスしてみると、前立腺肥大を改善する働きもあるのがノコギリヤシの特徴である言われています。前立腺の肥大症を改善できれば、利尿効果の改善にも繋がるのは身体の造りからしても想像できると思います。

 

 

そして、この利尿と腎臓に対しての関係ですが、腎臓は主に血液をろ過してその際に不必要な成分、老廃物などは尿として体内から排出されます。これだけだとノコギリヤシが腎臓に効果があるとは言えませんが、ノコギリヤシは利尿効果と付随してクレアチニン値を下げる効果があるとされています。

 

このクレアチニン値が高いは高いとどうなるか?腎臓に負担がかかり腎臓の機能が低下し腎不全などになる可能性が高いとされています。。そして、腎臓の場合は一度悪くなるとそれを回復させるのは難しいと言われております。高齢になるとわかりますが、腎臓がある程度悪くなってしまうと透析療法や腎代替療法などに頼るしかなくなってくるのも困ると思います。

 

 

医学の進歩も目覚しいものがありいずれは完全に腎臓を回復させる技術も発達してくると思いますが、今のところは予防策として腎臓が完全に悪くなる手前の状態でノコギリヤシなどを摂取して避けるのも手だと思います。

 

その他には腎臓に負担をかけないように、塩分の摂りすぎには必ず注意し食生活や生活習慣の見直しは必須になってくるでしょう。

 

 

>>クレアギニンEXの効果


ホーム RSS購読 サイトマップ