クレアギニンEX クレアチニン値

クレアチニン値をクレアギニンEXが下げる効果がある?

クレアチニン値をクレアギニンEXが下げる効果がある?

 

クレアギニンEX?

 

クレアチニン値?

 

なんか一緒に感じる…
言葉が似てる…
一緒なの?

 

 

 

ちょっと一見そんなふうに見えますよね?クレアギニン、クレアチニン…
どう考えても字ゴロがスゴイ似ています。

 

 

ただちょっと違います。
クレアギニンEXとは腎臓のために役立つ29種類もの有効成分を凝縮した、腎機能改善・向上サプリメントです。

 

一方クレアチニンとは、腎機能の異常、正常を調べる値などに使われる数値で、血液を採取し検査をします。
このクレアチニン値は血中に含まれている尿素窒素で腎機能と非常に密接な関係があります。

 

 

クレアチニン値の腎機能

 

 

血液中に含まれるクレアチニンですが、これの数値が高いのは腎機能の低下を意味すると言われており、女性や男性でも基準の値が違うと言われています。例で言うと

 

:基準値
・男性… 0.5〜1.1mg/dl
・女性… 0.4〜0.8mg/dl

 

上記のように言われています。

 

また、次のようにも言われています。

血液中のクレアチニンの数値が高いのは、腎機能が低下していることを示唆し、低い場合は、筋肉に関わる異常を想定します。日本人間ドック学会の判定基準では、男性が1.2〜1.3mg/dl、女性が0.9〜1.0mg/dlは、場合により経過観察が必要とされています。一般に中程度の腎不全では1.5mg/dlを超え、重症では2.4mg/dl以上になります。そして、クレアチニンの値が5mg/dlを超えると回復は難しくなり、10mg/dlが人工透析を始める一つの目安となります。

 

引用元:http://medical-checkup.info/article/44598029.html

 

腎機能が低下しているときで特に症状が軽い場合はあまり、弱っていることに気づかないため発覚しにくいです。
なので、そういった場合は一度検診をされたほうが良いです。

 

ただ腎臓が弱っていくと、老廃物を尿素として体外へ排出する機能が弱まっています。
ですので、腎臓が弱っていると老廃物が身体に溜まり病気になる可能性が高まります。

 

 

そして、腎臓が弱っていくと一番恐いのが「腎臓は再生しない」という点です。
つまり自覚症状がなく、クレアチニン値が高まっていき症状がまずくなると、人工透析をしなければいけない身体になるということ。

 

つまりクリニックや病院通いを余儀なくされます。
今では専門医も分裂し透析専門の臨床工学技師などに診てもらい
通院を繰り返せばよいのですが、できればそういった生活を防げるなら防ぎたいと感じる人がほとんどだと思います。

 

ちなみにクレアチニン値が高まり腎機能が低下していくと、慢性腎炎、尿毒症、腎盂腎炎、腎臓結石、肝硬変になる心配があると言われています。
加齢と共にいろんな病気の心配は付き物ですがいま一度生活を振り返り腎機能を見直してみてください。

 

いずれも恐い病気なので、クレアチニン値を正常値で維持するのが大切です。
そして、それがクレアギニンEXにも関係しています。

 

 

クレアチニンとクレアギニンEXの関係

 

このクレアチニン値を正常に維持したいと考えている人はクレアギニンEXがおすすめ。
クレアギニンEXは腎機能に特化したサプリで腎機能に不安がある人の多くが効果を満足されています。

 

 

 

腎機能に不安がある人でクレアチニン値が異常値なのでは?と心配されている人は一度お試しになってみるのもアリだと思います。
ただその前にお医者さんに診てもらうのも必要ですね。

 

 

>>クレアギニンEXの口コミ


ホーム RSS購読 サイトマップ